カラコンでイメチェン今では普通の化粧と同じ?

カラーコンタクトが普通に買えるようになって、と言うか店頭にも並ぶしネットでも買えるようになって、結構経ちますよね。
特に髪のカラーリングを前からしていた人にとっては、やっと目の色も変えられると、これで本当のイメージチェンジが出来るってことで、本当に嬉しかったと思います。
髪の毛を綺麗な栗色に染めたのに、目の色が黒に近いダークブラウンだと違和感ありますよね、完ぺきなイメージチェンジにはならないですよね。
例えば高校を卒業して、それまでも軽く校則に引っかからない程度に染めていた髪の毛を、ここで完全に自分の好み通りの色に出来た。お化粧も、ちょっと頑張ってあれこれ練習して完ぺき、後は目の色さえ変えれば今までの、高校の制服に縛られてた自分にさようなら。
でもカラコンが一般的でなかった時代は、最後の一歩が決め手を欠いたわけです、それが今や完全にイメチェンできるようになったのですから、カラコン本当にありがたいですよね。
加えて目が良くない人の場合も、勿論普通のコンタクトを使っていたでしょうけど、もし高校生までは眼鏡で我慢して地味にしていた人が、大学に入って一変。
髪のカラーリングに、眼鏡もコンタクトに変えてしかも髪の色に合わせたカラコンだったりしたら、1回目の同窓会であまりの変身ぶりに驚かれること必須です。そのために我慢して、眼鏡で過ごすって手もありますね、高校時代。
こんなに素敵にイメチェンさせてくれるカラコンですが、でも最初は誰でもちょっと悩みます。どこで買えばいいのか、目に入れるのに怖かったり痛かったりしないのか、と。
そんな時にはまず、行きつけの目医者さんに相談してみましょう、特に近眼とかの人は行きつけの目医者さんがいるはずなので、相談しやすいかもしれませんね。目が悪いってデメリットが、この時はメリットになったりもします。何時ものコンタクトをカラーの入ったものにしたい、と相談できますから。
目のいい人の場合、あまり目医者さんに縁が無いかもしれませんし、目医者さんによってはお洒落のために目に負担がかかるからと、反対する方もいるかもしれません。でもそれは患者さんであるあなたの目の健康を気遣ってくれているので、きちんと話を聞いておきましょう。そしてどうしてもカラコン作りたいと主張すれば、きちんと目に合ったコンタクトを作ってくれます。
どちらも目のプロである目医者んさへの相談、これが最初にすることです。
さあ準備が出来たら、後は完全なイメチェンで周りを驚かせてしまいましょう。今までとは一味違った、あなたの登場にその場が沸くこと間違いなしですね。